2012年01月14日

トイレの仏さん

宮崎駅のトイレにこのような張り紙がありました

DSCN0988.jpg

迷惑かけるな。掃除しろ。汚すな。紙以外流すななどと

要求が書かれているより、こっちのほうがよほど、良心に響きます
posted by みょうみょう at 13:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暗い宮崎しか知りません

宮崎にもちゃんと入ったんです!ほれ証拠もある!

s-DSCN0989.jpg

s-DSCN0990.jpg

宮崎に着いたのは、夜8時半過ぎ。駅の構内は、ほとんどの店が閉まっていた

少し歩くとアーケードがあり、そこの居酒屋で塩さば定食を食べる

s-DSCN0978.jpg

ホテルグランヴィア宮崎に泊まる

駅から歩いて15分ほどのところである

疲れきって眠い

熱いお茶を飲もうとするが、電気ポットがうまく使えない

鉄子はこのような文明品と縁がないのである

ボタンを押せば電源が入るのはわかるのだが、うまく押せない

フロントに電話するのと同時にできた

なんか敗北感大きい

備え付けのお茶は、煎茶ではなくマンゴー紅茶だった

朝食付きで4500円(鉄子は早朝発ちなので食べられず残念)

シーズンオフだからなのか、地方だからか、そういう時代なのかビジネスホテルがとにかく安い

ネット予約なら2900円とかである

部屋はそれほど悪くない、というかいいかんじ(鉄子にとっては、7000円くらいの価値)

マンゴー紅茶は明日のためにとっておいて、持参のコーヒーを飲む



明日も早いので、お風呂にも入らず寝る

posted by みょうみょう at 13:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気候は違えど、長閑さは北陸の田舎と変りありません

ここで一旦乗り継ぎ。佐伯駅といいます。まだ大分です。

s-DSCN0977.jpg

のどかな風景が続きます

s-DSCN0973.jpg
posted by みょうみょう at 13:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅こそが学問である(旅学?ちょっと違う…)

大分県に入りました。中津というところです

s-DSCN0967.jpg

この中津というところは、福沢諭吉の出身地だそうです。天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らずで有名な、『学問のすすめ』ですが、この部分だけが一人歩きしていて、あたかも、人間はみな平等であるということを説いていると思われがちだが、違うらしい。元々人間は平等などではない。だからこそ、学問を修めて立身出世しなければならないのだということらしい。やっと合点がいきやした。

s-DSCN0968.jpg

周防灘みたいだな

九州ってのは、冬だってのに天気のいいとこだね

s-DSCN0971.jpg

大分からあげ…

世間知らずの鉄子は知りませんだな

s-DSCN0972.jpg

なんですかいな、この高い木は

やしの木か?

南国情緒あふれてますな
posted by みょうみょう at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生まれてはじめての九州

九州に入った証拠

s-DSCN0966.jpg

鉄子の旅はいつも時間に追われている。短い乗り継ぎ時間に、ご飯を食べたり、コーヒーを飲んだり、お土産を買ったり、電車に飛び乗ったり、とにかく忙しい

旅の思い出に写真を撮ろうと思いながら、いつも撮り損ねる

証拠がなければ、いくら行ったと言い張ったところで、ウソつけや〜となってしまう

九州の小倉駅を出発してしばらくボーっとしてから、あわてて証拠写真を撮った

ちゃんと九州に入ったからな



posted by みょうみょう at 12:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

さよなら本州、また来るよ

いよいよ本州ともお別れである

s-DSCN0965.jpg

DSCN0964.jpg


本州のはじっこ、下関に着く

下関には5年ほど前、山陰の旅(もちろん青春18切符です)で来たことがある

安部さんとかいう人が総理大臣をやってるときで、駅のお土産屋さんには、しんちゃん饅頭なるものがあったな

しんすけだか、しんのすけだか、しんたろうだかって名前だったような?

山口県は総理大臣を量産しているようだ

(しんぺえはニセモノだが。なんか根性のないヤツと思っていたら、選挙区が山口ってだけで、東京のヤツだった)

歴代の総理大臣の似顔絵が裏に描いてあるしんちゃん饅頭を買って食べたのが、なつかしい思い出だ

しんちゃんなんぞ、今となってはどうでもいいが、山口県産の有名人には、詩人金子みすずがいる

日本海側・長門市の近く、仙崎の出身である

絵本にもなっているかわいいあたたかい詩だが、さびしく切ない詩でもある

乗り鉄子を卒業して、仙崎をゆっくり歩いてみようかな…と思いつつ、まだ実施できず







posted by みょうみょう at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たかが朝日なれど海から昇るとなれば別だ

朝がくるのはいつものことだが…海から朝が始まるとなるといつものことではない!

s-DSCN0960.jpg
きれいだな、というより朝がこんなに赤いと不吉なかんじもする

s-DSCN0961.jpg

朝5時53分に広島を出発し、暗いうちは資格試験の勉強に当てている。意外と律義者

だが朝日が昇りだすと窓にへばりつく

朝なのに海が赤く染まるのは、北陸者の鉄子にとって珍しく新鮮である

日本海であれば、月も太陽も沈むことはあっても、昇ることはない

これを見逃すわけにはいかん

posted by みょうみょう at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の最終地は広島です

いきなり広島。しかもホテル…

s-DSCN0959.jpg

鉄子の旅は予約なしが原則なのだが、初日のみインターネットでホテルを予約してしまった

ネット予約のメリットはとにかく安いことである

ホテルヴィアイン広島は、新しめできれいで3800円だった

緊急時に備えて荷物をきちんと整理しておくべきなのだが

鉄子にはちとハードルが高い

あんましちらかさないようにだけ気をつけている

始発から最終までの乗り倒しが鉄子の慣例であったが、鉄子も年を取り、いよいよくたびれてきた

ゆっくり夕飯を食べてくつろぎたいと思うようになった

チェックイン後近くの居酒屋で生ビールを飲んで、鯛の刺身と砂肝、揚げ出し豆腐を食べる

posted by みょうみょう at 21:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住めば都、気付けば琵琶湖…

もう琵琶湖

s-DSCN0956.jpg

鉄子は鉄子ゆえ、どこへ行くにも電車である

なので大阪あたりまでの道中はおなじみである

当然車窓は退屈でたまらぬ

持参の小説『珍妃の井戸』(浅田次郎・著)を熱心に読みふけるうち、またもや琵琶湖があらわれた

見飽きているが、仕方がない

琵琶湖を通る新快速に乗らねば九州5日間の旅は達成できないのだ

小浜線などとしゃれこんでいる時間的余裕はない

見飽きた、つまらないといいつつ、水には弱く、窓にへばりついて写真まで撮っている
posted by みょうみょう at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄子は行きます、九州へ。

s-DSCN1077.jpg

線路は続くよ〜どーこまーでも〜(この歌ウソついてますな)

1月5日の早朝、いよいよ鉄子は九州に向かいます

最寄のJR七尾線能瀬駅より出発します!

5時台の電車で行きたいのはやまやまなのですが…

ないものはしょうがないです

七尾線の金沢行き始発は6時5分なのです

最初の乗り換え駅である金沢駅構内で、もたもたとコーヒーを飲み、敦賀行きの普通列車に乗り込みました

普通列車以外に乗り込むわけにはいきませんので…
posted by みょうみょう at 20:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。